雨漏りの修理方法について

雨漏りを起こしやすい場所は、屋根やベランダなど雨が直接あたって流れる部分が多いです。



特に屋根は、雨や風が直接あたるだけでなく、紫外線にさらされている部分なので劣化しやすくなります。

スレート屋根であっても瓦屋根であっても劣化してしまうとひび割れを起こしたり、ズレが生じてしまいます。


その隙間から雨水が入り込んで、室内に雨漏りを起こしてしまいます。雨漏りの修理方法には大まかに2つあります。


それが水がしみこんでいる屋根部分の修理をすること、そして雨漏りをしたことによって室内に染み込んだクロスなどを交換することです。
雨漏り修理はDIYでする人もいるのでそれほど難しいものではありません。
屋根のひび割れた部分を塞いだり、瓦屋根が割れているときはその部分だけを交換すればいいからです。



室内も雨漏りを起こして腐ったりしている建築資材を取り替えて補修し、上からクロスを張り替えれば雨漏りの修理は完了です。

ただ単純な作業とはいえ、雨漏りの修理を行うとき屋根などは高くて危険な部分です。

素人が屋根の上に登ることは危険なので、専門業者に依頼するほうがいいでしょう。屋根の種類によっては足場を組まなければ修理ができない場合もあるので、そのときは足場組み立て費用も必要になります。


雨漏りをしたら家の建築資材までいためてしまい、家の強度も損ねてしまいますから、雨漏りに気付いたときは早めの対処が必要です。緊急措置として、雨漏りを起こしている部分にブルーシートを使って覆い、業者に早めに修理を依頼しましょう。